今日のおたすけ隊

« 年末調整がよくわかるページ | メイン | 年次有給休暇の取得システム »

働き方改革、なぜ今なのか?

先日、徳島県社会保険労務士会主催の「働き方改革 今、会社がやるべきこと」のセミナーに参加させて頂きました。
講師は東京大学講師の水町勇一郎先生。
働き方改革についてまだ全然意識がなかった私にも、わかりやすく衝撃のある内容でした。
そのセミナーの内容についてお話を小出しにしていこうと思います。

まず、なぜ、今、働き方改革なのか?
2つのりゆうがあります。①社会的側面 ②経済的側面

①社会的側面は、いままで続いてきた日本的雇用システムに大きな2つの問題点が生じているため
 (1)過重労働 (2)正規、非正規の格差
 切りやすい非正規を雇用し、正社員を雇用しないことにより
 それが今、正規、非正規の格差が生じていて、それは、結婚格差、教育格差を起こしている

②経済的側面
 アベノミクスは何を目的にしているのか?それは「成長と分配の好循環」
 成長したら、賃上げ、物を買う、するとまた成長するという循環を作るため

 1973オイルショックにより、原油価格が4倍に
 すると、輸入金額が大きくなる、国としてバランスをとるために、輸出を増やさなければならない
 自国の通貨価値を守るために
 日本国内で経済成長し、物価が高くなったものは海外では売りにくい
 そのため、コスト削減や引き締めを実施
 経済成長がとまり、物が売れない、賃金が上がらない、消費につながらない
 デフレスパイラルに陥る

 経済の上がっていることを示す数値に、失業者の数があります。
 今は求人倍率がいい、今は経済が向上しているということ。
 では、なぜアベノミクス成功していないのか、それは賃上げをしていないからです。
 だから、働き方改革
 最賃を上げる。5年後には日本平均が1000円になる予定です。

 改革は経済成長をしている間にしないと効果がありません。
 経済成長の終わりを予測することはできないが、今回の日本に限り、経済成長の終わりがわかっています。
 日本オリンピック
 そのため、それまでに改革する必要があるのです。

投稿者: hiramatu 日時: 2018年11月20日 16:10 |

カテゴリー
akiyama[78 items]
ando[17 items]
hiramatu[86 items]
nakai[119 items]
shirai[2 items]
uehara[8 items]
最新のトラックバック
2018 12
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索

Powered by
Movable Type